JTB ホテル利用のシェアオフィス事業、東京から全国展開へ

  • 2020年7月31日(金)

 JTBは、ホテルの遊休スペースを活用したシェアオフィス事業を、NECソリューションイノベータと共同で8月31日から開始する。

 ホテルの客室や会議室にテレワークの環境を整え、企業にシェアオフィスとしての利用を促す。ウィズコロナの時代に、コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインを遵守したホテルを仕事場として提供することで、企業のテレワーク推進を支援する。

 また、ホテルには新たな収益モデルとして事業への参加を提案する。

 複数のホテルを利用できるため、社員の居住地に応じて利用可能なホテルが選べる。仕事場は共有のシェアスペースと個室を用意。料金は共有スペースが15分単位で200円から、個室は最低利用時間3時間からで料金は3000円から。契約費用はなく、利用時間分だけの支払いで利用できる。

 https://www.travelnews.co.jp/img/be6fbb47647760b39c7d6b88d97faa6a-768x494.png 768w, https://www.travelnews.co.jp/img/be6fbb47647760b39c7d6b88d97faa6a.png 978w" sizes="(max-width: 600px) 100vw, 600px" />

 7月27日現在で事業に参加を予定予定しているのは上野ターミナルホテル、オークウッドプレミア東京、スーパーホテル(東京都その近郊の一部店舗)、第一イン池袋、ハイアットリージェンシー東京、ホテルニューウエノ、ホテルラングウッド、ラ・ジェント・ホテル新宿歌舞伎町。

 JTBでは2021年3月頃までに名古屋、大阪へエリアを拡大し、2022年3月までに全国展開を目指す。

 利用企業は2020年度中に30社、2021年度は50社を目指す。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ